太陽光発電投資にチャレンジしよう|未知の世界で大成功

男性

安心の賃貸経営

会社

保証人が不要でも安心です

アパートや賃貸マンションなどの経営は、滞りなく運営していくために入居者の賃貸料収入が一番大切です。しかし賃貸料が支払われないなどのトラブルは多く、不動産経営にとって一番やっかいな案件となり、それをいかに回避していくかがカギです。通常であれば連帯保証人などの条件をつけ、入居時の審査を厳しくすることで回避が可能です。しかし核家族化や高齢者の一人住まいなどが増えていて、保証人が不可能な場合が多く、入居者自体が集まらないといった問題も生まれてしまいます。そこでオススメなのが賃貸保証会社を使うことです。まず家賃保証では独自の審査を行っていて、入居者選定を安心してお任せできます。そして賃貸料がもし何らかの理由で支払われない場合でも、賃貸保証会社が代わりに保証するので、賃貸経営をする人にとって人気となっています。

互いにメリットがあります

賃貸保証会社では審査と賃貸料が支払われない場合の保証を含め、その費用は借り主が支払います。なので貸し主側にはあまりデメリットはありません。そして借り主側も連帯保証人などをつける必要がなく、審査さえ通れば入居時もスムーズに行えます。借り主と貸し主側の双方に利益があり、スムーズな入居が行えるとともに家賃のトラブルがなくなるので安心です。また近年は大手不動産会社など、最初から賃貸保証会社をつける場合が多くなっており、需要も増えています。よって賃貸保証会社自体の経営も安定しており、今後も核家族化と高齢化に伴い成長して分野となっています。借り主側の保証人の必要がなく、賃貸保証会社を使うことで不安のない賃貸経営ができるのでオススメです。